インプラント治療を始める前に

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、安堵するのはまだ早いのです。
インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、治療後のメインテナンス次第なのです。口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、その通りのケアを心がけてください。治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。
ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。
インプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。
既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前に既往症を完全に治しておくことを忘れないでください。
また、美容整形であごの骨に手を加えた方も事故を引き起こす可能性が増します。
最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで絶対治療できないとは言えません。歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。
いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費が気になるのは当然です。現実には、治療費といっても歯科医院それぞれで相当な開きがあります。
保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に決められるのが建前です。ただし、おおよそ相場は決まっています。インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的です。
現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、以前と比べて息のニオイが気になるという話も割と少なくないようです。
これでは折角のインプラントが台無しです。理由としては、インプラントと隣の歯の間などに歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしている場合もあり、単なる口臭と侮れません。ひょっとして、と思ったら、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。
インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が損なわれていなければ自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウン治療が可能になります。これに対し、抜歯した後は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を検討することになります。どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。他の治療が難しい方に適用されます。
抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。
入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選ぶしかないというのが、多くの患者さんの実態です。
入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い噛み心地が得られ、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、大きな3つの関門があります。第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というプロセスをたどります。
時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでであごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。
義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。
インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。
他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので万が一、人工歯根があごの骨に定着せず骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、普通は再手術しか手段はなく、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。
埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を損傷する危険性もあります。